a happy new year 2016

昨年は皆様にとって、どのような年をお過ごしになられましたでしょうか?

私たち親子は、クライアントの皆様に大変喜んで頂く事が
多くありました事にとても感謝致しております。

元旦から、カウンセリングをさせて頂きまして
私のカウンセリングをご希望して下さる
全てのクライアントの方々に、御礼申し上げます。

2016年を迎えましたが、私自身が今年一番として
クライアントの皆様にお伝えさせて頂きたい事。

心理学では、子供に起きた問題は子供の問題として
見ずに、親の問題として解決していく方法があります。

決して過保護などではなく、ほとんどが世代間からくる連鎖であり
子供に起きた問題の根底に、親自身が深く結びついているケースはたくさんあります。

子供に起こった問題を、親が自分の問題として見ていく事が
子供に重荷を背負わせない、素敵な親子関係であり続ける生き方に繋がっていきます。

子供の事で、良い事があれば親も嬉しいように、子供も親が良い事に
出会った時、一緒に喜べるような。
それは、カウンセリングを受けて頂いたクライアントの皆様が良い方向に向かっていく事
私自身も嬉しく思える皆様の専属カウンセラーとして。

阪神淡路大震災による夫の病死他界から、今年で20年を迎える事ができました

あの頃の私は今自分がカウンセラーとして立っている事をまったく想像しておりませんでした。

皆様と迎える事の出来た2016年の感謝を噛み締めて
今年もどうぞよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る