HAPPY New Year

どんなに辛い、どんなに楽しい1日、1週間、1ヶ月であっても必ず日は登ります。

自然の豊かさと恩恵で生きている私たちは朝日に照らされ
新たな1年を始める事が出来ました。

息子が12月に何度も仕事で優秀な成績を収めた事
去年には入社した年で「必ず俺は社員になって優秀な成績を残す」と
彼なりにビジョンを持っており、それを年末に達成出来た事
しかし、年末に体調を崩した事で私は一つのアドバイスをしました。

「Don’t be Hero」(ヒーローにならない事)

ダウンロード

 

 

 

 

 

 

一過性の努力、一時的に踏ん張る事は人間誰しも出来ますが
その反動とも呼べる悪いフィードバックが無理をすればしただけ訪れます。

これは私も百貨店時代にヒーローには何度もなりましたが、かなり体調を崩す事が多くありました。
救急車で運ばれた事も1度や2度ではありません。

幸せにならない世代間連鎖、がんばり続ける、犠牲的なパターンを
息子にコピーしたくなくてこの言葉を伝えました。

そして言葉の意味として、何故この言葉を使ったのか
私の実体験を元に説明するとすんなりと理解してくれました。

結果だけを見て決めつけや、一部分のみを抜粋するのではなく
全体像を見て、認めて、出来た事を褒め称える。

これは子育ても仕事も全ての人間関係において言える事だと思います。

カウンセリングの現場においても、コミットしたいと思う自分に変化させていく事
私たち勤勉な日本人は「目標を立てて願った事」は必ず手に入れていく事が出来ます。

朝日が必ず登るように、私たちは願い、思った事を潜在意識は知っているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る