私自身セラピー体験。

私が心理学の世界に入り、様々な恩恵を感謝している中で強くセラピーのおかげと認識し体験をした事について。

仕事やプライベートと対人関係の中で、私たちのエネルギーは様々な方向へ揺さぶられる事があります。
もちろん良い影響を及ぼす事もあれば何か別な事がトリガーで悪い方向へと進む事もあります。

感情はとても純粋で何かの影響を受けやすいエネルギーです。

まず心理学を継続し続けて誰もが時には経験するのは「怒り」が減る事です。

怒りの根底には深い悲しみが潜んでいます、怒っているから悲しいのではなく
悲しいから怒ってしまっているというのが「怒り」です。

自分や相手、何かに対して深い悲しみがあるからこそ怒りという形で噴出します。

心理学では、心へのダメージや外的要因における影響によって
怒りを感じる事を少なくして日常が楽にしていく事が出来ます。

心と身体はとても密接な関係があります、メンタルコンディションが良い時であれば
仮に肉体的な要因で病気にかかったとしてもポジティブで大事には至らない事も多くあります。
身体が疲れ果てて心も疲れてて、それでも自分自身に鞭を打つような過剰な行動から
自分自身の人生やその時の自分を追い込むととても悪い方向へと向かってしまいます。

私自身が心理学を始めて、自分と家族にとても良い影響があった事も体験の一つです

私自身の不正出血による子宮7個のポリープがありましたが、現在異常無しの健康体

息子の翔はバイクが好きで16から25くらいまでの間にバイク事故で
救急車に運ばれる事10回以上の事故をしていますが一度も骨折や入院をした事もありません。

数年前母の急な腹痛により病院へ到着後バケツ一杯くらいの下血をしたり
骨折や先日白内障を患ったりもしましたが、起こった時には衝撃はあるものの
すべて何事も無く無事退院を迎える事ができました♪

身内の事故や入院と聞けば心がざわつくものですが、息子も母もトラブルがあっても
ケロッとしたような明るい声で「大丈夫」と言えるポジティブな日常を送れているからこそ
大事には至らない事に恵まれており、感謝の気持ちでいっぱいです。

507456550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が癒やされれば周囲にも良い影響を与えるという
福屋よしみのセラピー体験記でした♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る